meta Content-Typeで文字コードを指定しましょう

ホームページを制作していると、HTML上ではちゃんと日本語が表示されているのにブラウザでは文字化けってないですか?

そんな時には、前述のheadの中に<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″ />で文字コードがちゃんと指定されていてテキストエディタで使った文字コードと一致しているか確認しましょう

ここで指定した文字コードでブラウザはHTMLをWebページに解析して表示させるので、テキストエディタで利用している文字コードとこの文字コードが一致していないと文字化けの原因になることがあります。

文字コードとは

世界中にはいろんな言語があります。アルファベットのようにA〜Z(a〜z)だけでなく、日本語のようにひらがながあって、更に漢字がある地域など…これをコンピュータ上で各文字に対してコード番号というのが割り振れれるルールがあります。

そんな中、日本語を表すコードとしてShift JISであったり、EUC-JPであったり…といくつかのコードが定められましたが、現在は「UTF-8」コードが主流になっています。

HTML&CSS標準デザイン講座 【HTML5&CSS3対応】
草野 あけみ
翔泳社
売り上げランキング: 71,896