WP-MarkdownでWordPressの記事をMarkdownでも書けるようにする

20131009 0

記事をMarkdownで書く機会が増えているのでWordPressへの投稿記事もMarkdownに全面移行することにしました。と言っても実は個人的には既にやっていてエディタ上で記事を書いてHTMLに変換したコードを貼り付けるというやり方でしたが、スタッフたちにもMarkdownで記事を書いてもらうにあたって、中にはWordPressのダッシュボードから記事を書くメンバーもいるだろうと思い「WP-Markdown」を導入しました。

導入方法

WordPressのダッシュボード>プラグイン>新規追加で「WP-Markdown」を検索してインストールするだけです

設定方法

個人的にはここで一瞬詰まった(^^;
設定項目の中にどこを見てもWP-Markdownがないので「あれ?失敗した?」と思ったら…

ダッシュボード>設定>投稿設定

でした。こちらを開くと投稿設定の中にMarkdownの項目があり、どの投稿の際にMarkdownを有効にするかを設定することができます。

20131009 2

記事の投稿

Markdownを有効にすると、投稿画面でMarkdownで記事を書くと、下半分にHTMLに変換された記事が表示されるようになりました。

20131009 1

これでMarkdownでもWordPressの記事が書けるように!!

Instant Markdown
Instant Markdown
posted with amazlet at 13.10.09
Packt Publishing (2013-08-26)
プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典
相原 知栄子 一戸 健宏 鳥山 優子 西川 伸一 服部 久純 星野 邦敏 松田 千尋 吉澤 富美 大串 肇 大島 義裕 大曲 仁 北村 崇 小島 勝茂 後藤 賢司 染谷 昌利 高野 直子 高橋 文樹
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 25,980

Markdownの使い方

20131004 0

Markdownの使い方

先日「Markdown使っていますか?」という記事を書いたまま続きをなかなか書くことができませんでしたが、株式会社wEVAのインターンシップ(OJT)メンバーのうちの今月からの新メンバーが諸事情で日報ブログをはてなブログにしたこともあり「ちゃんと説明する機会を設けなきゃ!!}というわけで、今回は再度Markdownについて書いていきます。

Markdownとは?

Markdown は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。「書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML)文書へと変換できるフォーマット」として、ジョン・グル―バー(John Gruber)により作成された。アーロン・スワーツ(Aaron Swartz)も大きな貢献をしている。[1] Markdownの記法の多くは、電子メールにおいてプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得ている。

Markdown – ウィキペディア – Wikipedia

パソコンを使ってブログやつぶやきなど何かを書くというアクションが当たり前の世界になってきました。そして、文章も長い文章などを書く必要がある…というケースも多くあるようになりました。

Markdownを使うと長い文章が簡単に書けるようになる!! 」ということはありませんが、見出し、本文などをわかりやすく明記していく癖をつけることで「文章の全体構造を見やすくなり、書きやすくなる」という効果はあるんじゃないかと個人的には思っています。

見出し

# を行頭に記述することで見出しを指定することができます。見出しはH1〜H6までの6種類の見出しをつくることができ、#の個数で表現します


見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

段落

改行で囲まれた文章のブロックは段落をあらわします。

改行

文章の末尾に半角スペースを2個以上入れると改行になります。

装飾

文字の装飾については以下のような書式になります

強調

文字の前後を 「** 文字 **」 と言う具合に 2つのアスタリスクで囲むと、囲まれた文字は強調 として表示されます

イタリック

アスタリスクが1個の場合はイタリック体になります

打ち消し線

\~\~ で囲まれた文字は打ち消しになります。「打ち消し

リスト

行頭に「-」「+」「*」のどれかを書くとリストになります。行頭に空白を入れて記号を別のものに切り替えることでインデントをつくることができます

  • 項目1
    • 項目2
  • 項目3

行頭に数字と.を記述すると数字型のリストになります

  1. 項目1
  2. 項目2
  3. 項目3
引用

引用を記述する時は行頭に「>」をおきます

水平線

「—」「***」「___」などの3つ以上の記号行は水平線をあらわします


リンク

「[テキスト](URL)」と書くことでリンクになります

画像

「!テキスト」と書くとURLで指定された画像ファイルを表示することができます

コード 

“`で囲まれたブロックはコードとして扱われます

puts "Hello World"

参考

Instant Markdown
Instant Markdown
posted with amazlet at 13.10.04
Packt Publishing (2013-08-26)
Markdown und Pandoc
Markdown und Pandoc
posted with amazlet at 13.10.04
ebooks.kofler (2013-05-20)

Markdown使っていますか?

20130818 1

Markdown使っていますか?これからのためにも覚えようMarkdown!

wEVA社内でも「仕様書の書き方を学びたい」という声が出てきていますが、そういう文書制作にも活用できる書式で「 Markdown記法 」というのがあります。個人的には今まで社内用のメモもMarkdownで書いてみんなに見せてきたので「あ、これがMarkdownっていうんだ!!」と、今回の記事で気がつくかもしれないけれども覚えておくと非常に便利!!

仕様書だけでなく普段の文書やメモ、メールを書くときも一旦Markdownで書いてみるということを意識してみるとこれだけでも文書が一気に書きやすくなったような感じがします。

Markdown は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。「書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML)文書へと変換できるフォーマット」として、ジョン・グル―バー(John Gruber)により作成された。アーロン・スワーツ(Aaron Swartz)も大きな貢献をしている。[1] Markdownの記法の多くは、電子メールにおいてプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得ている。

Markdown – ウィキペディア – Wikipedia

Markdownの書き方については以下のサイトが参考になります

Markdownを書くのに使うツール

Markdownで文書を書く時に使うツールは…テキストエディタだけあれば大丈夫です。自分の場合は普段はSublime Text 2を使って書いています。Sublime Text 2にMarkdownを書くためのPackageを導入したり…また、気分に応じて別のエディタを使って書いてみることもあります。今回は諸事情(SublimeText2の画面が崩れた!!(SublimeText2がぶっ壊れたと思ったら 〜2013年夏〜と同じ現象なのであとで修復します))でMouというMarkdown専用のエディタを使っていますがMouだとプレビューで確認しながら書くことができるので便利ですね。このままMarkdownを書く環境はMouに乗り換えてしまうかもしれません。

20130818 2

Windows環境ではどういう専用ツールがあるかはこれから調べて機会があれば紹介しますが、Markdown便利ですよーーーー♪

この記事もMarkdownで書いたものをHTMLに変換してWordPressに貼り付けて投稿しています。

Markdown for Writers
Markdown for Writers 

posted with amazlet at 13.08.18
(2013-07-28)