head

<haed>〜</haed>

htmlの文書の情報を記述するタグ。

この<head>の中にDTD宣言などを記述します。ここに記述した内容はレイアウトには基本みえない部分になりますが、SEO対策のやスタイルシートやJavaScriptの読み込み等、ページの見え方にも関わる部分です。

最近はだいぶ減りましたが、時々ソースコードの中に<haed>〜</haed>を書かずにそのまま<body>〜</body>でサイトを制作している方を見ることもありますが、<haed>〜</haed>はそのページがどのような情報で書かれているかの指示をブラウザに与える役割も果たしているので書き忘れのないようにしていきましょう。

ページの文字化けなどもまずはこの中で定義されている文字コードを確認しましょう。